本文へスキップ

浄土真宗本願寺派 善教寺

平成29年 年回法事HEADLINE

  往生」=お浄土に「まれる」の意。

      
   1周忌   平成28年ご往生(1年後)
   3回忌   平成27年ご往生(2年後) 
   
(3回忌は往生の年を”1”と数えるため、1周忌(往生の翌年)の翌年です。)
   7回忌   平成23年ご往生(6年後)
  13回忌   平成17年ご往生(12年後)
  17回忌   平成13年ご往生(16年後)
  25回忌   平成 5年ご往生(24年後)
  33回忌   昭和60年ご往生(32年後)
  50回忌   昭和43年ご往生(49年後)
 100回忌   大正 7年ご往生(99年後)

  
先祖を大事にするということは、ご命日(年回)を機縁として
  自らを初め多くのご縁のあるお方と仏縁を共にさせていただくこ
  とだと思います。そこに先人が生きておられます。
 


  祥月(しょうつき)命日…毎年の命日
  月忌(がっき) …毎月の命日
  逮夜(たいや) …命日の前夜
 下がり藤


  耳に残ったいい話
「百回忌」
年末のお寺からのお便り(善教寺便り)の「今年の年回」のところを見ると、我が家には今年百回忌が有りそうだと過去帳を見た。はたして○○さんと言うお方。顔もみたことも無いお方だけれども、「我が家が百回忌を勤められると言うことはありがたいことよのー」と家内と話したことでした。





 浄土真宗の年会法要(法事・仏事)は亡き人への追善供養ではなく、命日をご縁として経典をいただき仏徳を讃嘆し、故人をしのび、仏恩をよろこび、生死の中の自分と向き合う行事です。ご法事を、お念仏に遇う尊い聞法のご縁とさせていただきましょう。